ホーム > 業務案内 > 相続・遺言

相続・遺言

当事務所のポリシー

ご遺族の方におかれましては、お悲しみのところ、慣れない手続きをこなしていかなければならないということで、大変お困りになられていることと思います。

行政書士事務所は、相続の手続きにおいて、最初の窓口としてお手伝いさせていただきます。

 

まずは、金融機関の名義変更に必要な戸籍等の収集をいたします。

そして、遺産分割協議の必要があれば、金融機関の残高証明書を取得の手配をします。

次に、戸籍謄本などを法務局に提出し、「法定相続情報一覧図」というものにして登記し、相続人の確定をします。

 

その後、残高証明書や不動産の評価証明書などにより、遺産分割協議書の作成を行います。

相続人の全員の方による実印の押印と印鑑登録証明書が揃いましたら、それにより、金融機関と不動産の名義変更が行えます。

 

不動産の今後についてのアドバイスも、提案させていただきます。

その名義変更の手続きは、司法書士へご紹介を繋げます。

 

また、相続税の申告が必要かもしれない方については、税理士にご紹介をいたします。

 

手続きの初めのスタートとして、ぜひ一度お気軽にご相談下さい。

相続手続サポート

法定相続人の調査 戸籍を収集して法定相続人を調査します。遠方の戸籍収集も安心してお任せください。
相続関係図の作成 法定相続人の調査で収集した戸籍に基づいて相続関係図を作成します。
相続財産の調査 不動産や預貯金などの財産を調査し、財産目録を作成します。
遺産分割協議書の作成 遺産分割の合意内容を書面化します。不安な点、不明な点なども丁寧にサポートいたします。
自動車の名義変更 自動車の名義変更の登録も行政書士の業務です。

遺言作成サポート

自筆証書遺言 一番手軽にできる遺言作成方法です。作成の手順・方法などを徹底サポートいたします。
公正証書遺言 公証役場で公正証書にて遺言が作成され、公証人によって保管されるものです。
秘密証書遺言 手間はかかりますが、内容を秘密にでき、本文がワープロ・代筆でも有効となるものです。
遺言執行 お亡くなりになった後まで責任を持ってサポートいたします。

死後事務委任契約

死後事務委任契約」とは、死後に必要な手続きを予め委任しておく契約で、身近に身寄りがなく、各種手続きやお葬式などをお願いできる人がいない方にご提案するものです。

具体的には、「役所への死亡届の提出」「健康保険等の資格抹消手続き」「葬儀・埋葬に関する手続き」「住居引渡しまでの管理」「遺品整理」などの内容を定めて契約します。

お一人暮らしの方や、ご家族が遠方にお住まいの方におすすめです